So-net無料ブログ作成

ゴブレット7

焼き物の知識は全く無いがTVのお宝番組で色々な陶磁器に超高額な鑑定が出たりすとへぇー・・と感心する。
確かに木工品と違って何百年も変わらぬ姿かたちは増してや名工の手になればお宝に値するだろう。
名工の手で漆細工を施した木工品と言えども、保管や手入れの良し悪しに依っては長い年月を経ればそれなりに劣化するし使い込んだだけの老朽も伴う。
その点焼き物は乱暴に扱わない限りいつまでも作ったままの状態を保てるというのは凄い。

名工や数多のプロの作品とは比べるべくも無いがシロウトの趣味の作品は、中にはプロ級の物もあるが大方は自己満足と不満足が入り混じった出来を矯めつ眇めつして楽しめれば充分だと思っている。

信楽ゴブレット.JPG
昨日と同じ様なゴブレットを何個か作った
家族が信楽の地元で土産に買ってきたのと並べると両方共それなりの風情があってなかなかいい
信楽焼きのもゴブレットと呼んでいいのかな?

信楽.JPG
楢材のぐい呑みと信楽焼きのお猪口、ぐい飲み
呑むと飲むを使い分けて自作をアピールしたが写真で見る限り焼き物の方に軍配が上がりそうだ
大衆向け焼き物は安い、いつも使う大玉コイン一個で信楽焼きが二個も買えたそうだ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1