So-net無料ブログ作成

あ~木よ来い8 [ペン]

木軸の精密加工とコーティングを終えて一部に削り込みをすれば万年筆の部品ひと揃い。
コーティング被膜迄考慮しての木軸削りはゲージとの径段差も指でなぞれば違和感無し。
 
万年筆作りと言っても要は木軸を作るだけの事でした。
削り加工の諸々テクニックに加えて後は二本繋ぎの木軸の木目揃えと部品の組み立て。
 
もの作りでは細工の後に組み立て工程が入るとそのおもしろさは倍増します。
区分した部品を夫々の部位に組み立てるのは何かの模型作りと同じ様な楽しみ。
 
間違えない様に一面に並べてワクワク。
さあ、組み立て始めます(^^♪
 
万年筆8
8万年筆16.JPG
キャップ金具の圧入部分
別途金具を取り付け用に木軸部だけを約4ミリ削り落とし
 
8万年筆17.JPG
部品一式
各金具をキャップ側とペン先側の木軸両端に圧入します
木軸に挿入した黄銅チューブの内外径は金具に対応して嵌め込み固定

nice!(9)  コメント(0)