So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ちょっと休憩

いつもの大池公園ウォーキングでカモ、ハト、ユリカモメが同時に撮れました。
三種類の野鳥を一編に撮るのは珍しい事でそれも全部池の外。
 
偶々朝から穏やかな日で鳥たちも池から上がってエサを食べたり日向ぼっこでのんびり。
勿論鳥の傍を通る時はゆっくりそうっと。
 
ほんの1,2メートルの近くで野鳥も人と共存。
街なかの公園なればこその風景だと思います(^^♪
 
大池1カモ.JPG
カモ
誰かが何かエサを撒いた?
珍しく池の上まで出て啄んでいました
 
大池2ハト.JPG
ハト
カモが居た池の反対側でこちらも何か食べている様子
 
大池3ユリカモメ.JPG
ユリカモメ
こちらは池に架かる橋の手すりで整列

nice!(5)  コメント(0) 

来た木た春が15 [小物木工]

繰り返し作る天秤ウキも30号用は工程途中でいきなりの加工変更です。
前の27号用のオモリ穴を以前は段あけだったのをストレート穴にして手間省き。
 
今度の30号オモリはウキキャップが被る部分がずんぐりして嵌め合いが不安定。
グラついて先方がエポキシ塗料で接着するにしても作り手としては何か気に掛かります。
 
そこで二段穴を急遽三段穴に変更して一番奥をオモリ先の太さに変更です。
良かれと思うことは思案よりも先ず実行(*^^)v
 
天秤ウキ15
15ウキ36.JPG
真っ芯
2∮ドリル長さいっぱいの40ミリ余の深さまで
 
15ウキ37.JPG
向き換え
余分な長さを切り取り後図の13∮を変更して10∮穴を25ミリ深さまで

nice!(5)  コメント(0) 

来た木た春が14 [小物木工]

同じ天秤ウキでも前のよりも少し長目の30号用は手順が変わります。
どうして違うのか記憶が定かではないのですが向き換えの時に芯が狂い易かったのかも。
 
何回も同じものを繰り返し作る時に工程の手順替えはままある事。
それを繰り返すと段々手間が減って効率が上がる筈?
 
さに非ず、何せ気儘マイペースの木工なので能率は二の次で余程手間が増えない限り好きな様に進めるのが趣味道楽の続く秘訣です(*^_^*)
 
天秤ウキ14
14ウキ34.JPG
30号用
27号用よりも少し長目で約70L
 
14ウキ35.JPG
先端穴
ドリル長さが穴長さいっぱいなので?芯狂い防止で始めに2∮の穴あけ

nice!(7)  コメント(0) 

来た木た春が13 [小物木工]

天秤27号用のウキキャップ20個+予備1個を数日掛けて作った次は30号用。
流線型の削りも穴あけもかなり慣れて来たので後は早く出来そうです。
 
日当たりの良い日は寒さも冷たさも感じず旋盤を操る背中に陽が当たってぽっかぽか。
木工シゴトの大方は木粉や削りクズが飛び散って大変ですがウキキャップはそれが無し。
 
作るものの大小に好き嫌いは無いものの小ものは楽~(*^^*)
 
天秤ウキ13
13ウキ32.JPG
天秤30号
27号よりもひと回り大きくて預かり見本は針金付き
本当は2本付いているのをウキキャップを通す為に1本を切り取りとの事
 
13ウキ33.jpg
オモリに被せる穴は二段

nice!(7)  コメント(0) 

ちょっと休憩

柄にもなくメジロのウォッチングを続けて可愛い姿を堪能しました。
有り難い事に家の周りやウォーキングでも野鳥をいっぱい見かけて自然は豊か。
 
そんなこんなで畑のキンカンをうっかりして採るのが遅れていました。
毎年ではないのですが時々作るキンカンの甘煮。
 
今年も数え切れないくらい鈴生りで大きいのを選んで80粒程。
独りで延べ2時間近くも掛かって出来上がり。
 
キンカン.jpg
キンカンの甘煮
軽く湯がいて→粒が爆ぜない様に切れ目を入れて種出し(これに手間が)
砂糖をたっぷり→焦げつかない様に煮詰め
 
キンカン5.JPG
更に
ハチミツを加えて加熱
 
キンカン6.JPG
出来上がり
美味しい(^^)/

nice!(7)  コメント(0) 
前の5件 | -